本音で生きる-「言い訳」「プライド」がある人にオススメする本-

みなさんこんにちは! アヤト(@ayato_gid)です!

 

 

みなさんは、やりたいこと、好きなこととか、たくさんありますよね?

でも、色々理由をつけて、行動に移さないこととかありません?僕もその一人です。笑

そんな、言い訳をする人プライドが高い人たちにぴったりな本だと思います!

絶対に、読んで損はない!!!

 

 

「本音で生きる」の目次

序章 なぜ、本音で生きられないのか-他人のことはほうっておけ!-

1章 言い訳をやめる-「できない理由」を探して、いいことあるのか?-

2章 バランスをとるな!-やりたいことがあるなら、極端でいい-

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である-小利口が一番良くない!-

4章 すべてを最適化せよ-やりたいことは、”今”やれ!-

5章 本音で生きるために必要なこと-必要なのは、ノリとやる気だ-

引用元:「本音で生きる」 著者 堀江貴文

 

この目次見るだけでも、今の自分からいい意味でさよならできると思いますよね。笑

そして、目次だけじゃ物足りないという方に、章ごとに、どのようなことが書かれているのか、具体的に、書いたので、ぜひ、ご覧ください。

 

基本、どの章でも、堀江貴文さんの本音が書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1章 言い訳をやめる-「できない理由」を探して、いいことあるのか?-

▶︎「お金がない」という言い訳は無意味である

▶︎やる気があれば、お金は関係がない

▶︎「時間がないから、できない」は、現状維持を選んでいるだけ

▶︎「自分には才能がない」「凡人だからできない」と言った時点で「今のままでいい」と言っているのと同じ

▶︎「言い訳」で自分を守る人達

 

※抜粋してます。

 

1章から、心にグサグサくる言葉ばかりでした。

フラットに考えて、やりたいことがあるならやればいい。ただそれだけなんですよね。

それをするために、いちいち理由とかいらない。

だって、人を好きになるのに、理由をつけて人を好きになる人っていないですよね?

それと同じですよ。笑

 

 

 

 

2章 バランスをとるな!-やりたいことがあるなら、極端でいい-

▶︎バランスなんかとらなくていい

▶︎没頭するために必要なこと

▶︎安定した仕事や人間関係など存在しない

 

※抜粋してます。

 

没頭したいなら、それだけ没頭すればいい。

やりたいことに没頭せずに、仕事、趣味、恋愛を全部やろうとするようなバランスはいらない。

 

この章を読んで、思ったのが、バランスをとろうとするやつは、馬鹿なんだなってこと。

そして、僕自身も馬鹿だなってこと。

 

 

 

 

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である-小利口が一番良くない!-

みんなプライドが高すぎる

▶︎「プライド」はないほうが、みんなに愛される

「小利口」になるな

▶︎プライドのないバカが一番強い

▶︎ノリのよさでチャンスを掴む

▶︎実現可能性など考えるな

 

※抜粋してます。

 

3章が一番、グサグサきました。笑

僕は、プライドを捨てることが、本音で生きる近道かなと思います。

でも、プライドを捨てるのが一番、時間をかけますけどね。笑

 

ちなみに、▶︎ノリのよさでチャンスを掴むは、いろいろ納得させられた内容になってると思います。

 

 

 

4章 すべてを最適化せよ-やりたいことは、”今”やれ!-

自分の時間は自分のもの

 

すべての時間を「最適化」せよ

▶︎無駄がないかを常に問いかける

▶︎30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は、片っ端から片づける

▶︎睡眠時間を削っても使える時間は増えない

 

隙間時間を「最適化」する

▶︎スマホが隙間時間を”価値ある時間”に変える

 

最短距離で学ぶ

▶︎勉強に無駄な時間をかけるな

▶︎情報は覚えるのではなく、浴びる

▶︎人間関係の新陳代謝を図る

 

「今すぐやる」ことこそ、最大の最適化

▶︎極限まで忙しくしろ

▶︎長期ビジョンなど意味がない

 

※抜粋してます。

 

 

ブログを始めてから、時間の大切さをあらためて実感しました。

だから、メールの返信は早く返してます。

早く返すことで、自分の時間が増えるので、さらに「最適化」をしていきます。

 

「隙間時間」は徹底的に、スマホを利用するようになりました。

ラインニュースを見たり、ツイッターを見たり、インスタを見たり、いつどの瞬間でも最新情報に目を傾けてます。

 

 

 

 

5章 本音で生きるために必要なこと-必要なのは、ノリとやる気だ-

▶︎人のやっていることを徹底的に真似し、改善する

▶︎大事なのは、”Give,Give,Give”

▶︎やる気さえあれば、政治家にだってなれる

▶︎新しい働き方、学び方を実現する

 

※抜粋してます。

 

 

5章では、「こんな感じのノリでええんか」と思わせることばかりが書かれてます。

だけど、本音で生きるために必要なことだなと思いました。

それに、ノリとやる気があれば、人はなんでもできてしまうもんだなって、気づかされ、つい、笑ってしまいました。笑

 

 

 

 

 

おわりに

もう一度、目次をおさらいしておきましょう。

「本音で生きる」の目次

序章 なぜ、本音で生きられないのか-他人のことはほうっておけ!-

1章 言い訳をやめる-「できない理由」を探して、いいことあるのか?-

2章 バランスをとるな!-やりたいことがあるなら、極端でいい-

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である-小利口が一番良くない!-

4章 すべてを最適化せよ-やりたいことは、”今”やれ!-

5章 本音で生きるために必要なこと-必要なのは、ノリとやる気だ-

引用元:「本音で生きる」 著者 堀江貴文

 

本音で生きたい。という気持ちが少しでもあるなら、本音で生きてください。

だから、この本も読みたければ読めばいいし、興味ないなら、読まなければいい。

ただそれだけです。

 

自分の気持ちに、素直になって、やりたいことがあれば、今すぐ、行動にうつしてください。

この記事を読んで、やりたい!と思うことがあるなら、閉じた瞬間から、行動にうつせるかどうかで決まります。

 

実際に、僕は、ブロガーになりたい!と決めた瞬間から、MacBook Airを買いに行きました。

この行動があるからこそ、今も続けられています。

 

 

だから、ぜひ、やりたいことが見つかったあなた。

閉じた瞬間から、やってください。

 

 

 

 

 

一緒にオススメしたい本♪

 

 

 

 

では、また!

お読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です