本をたくさん読みたい人に必見!すぐにできる速読方法を教えます!

写真

こんにちは、本をたくさん読めるようになったアヤト(@ayato_gid)です!

 

 

前までの僕は、1冊の本を長い時間をかけて読んでました。また、1冊を読み終わってからじゃないと次の本が読めなかった人間でした。

 

だけど、ある方法を使ってみたら1冊しか読めなかった僕が5〜10冊も読めるようになったのです!

その方法を教えたいと思います。

 

 

 

 

 

時間を決めるな!ページ数を決めろ!

 

本を読むときにやりがちなのが時間を決めて読むことだと思います。

僕も昔までは、30分間読もう!という風に時間を決めて読んでいました。

 

だけど、だいたい時間を決めても本に集中してしまって時間を過ぎてしまったり、時間になったけど内容が区切りのいいところじゃなくて読んでしまったりということが多くて続きませんでした。

 

そこで、僕が見つけた方法が、ページ数を決めて読むことです。

 

読む前に、何ページから何ページまで読むと決めておくのです。

そして、その一番大切なのが、ページ数になります。

 

 

そこで、長いページ数を一気に読んでしまいそうになりますが、それはやめたほうがいいでしょう。

たとえば、10ページから30ページまでの20ページを読むというような長いページ数のときです。

なぜなら、読む範囲が長すぎて次の本を読める気力や集中力が下がるからです。物語小説ならいいかもしれませんが、ビジネス本ではオススメできません。

 

一番オススメできるのは、3〜10ページといった1桁のページ数です。これでいえば8ページ読むことになりますね。(ページ数は毎回変えても大丈夫です。でも最低3ページは読みましょう。)

こうすれば集中力が続いたまま次の本が読めるのです。

 

また、長いページ数を読むよりも短いページ数で読む方が心理的に効果があります。

長いページ数を読んだ後と短いページ数を読んだ後だと、短いページ数を読んだ後の方が「もっと読みたい!」という心理が働きやすくなるのです。

その勢いを利用し、他の本に手を出していくのです!

 

 

 

 

 

目次で読みたいところから読もう!

 

基本、本を読むときは1ページ目から2ページ、3ページと読み進めていくのが普通だと思われますが、ビジネス本に関してはそれは不要であることに気づきました。

 

ビジネス本というのは、内容の半分を目次で書かれていると思っています。

ですから、目次を見ただけで「こういう内容なんだな」とわかるでしょう。

 

つまり、自分が読みたいところから読んでも本の全体像はつかめるのです!

 

 

これに気づいた僕は、ビジネス本を読むときは目次を見てから読みたいところ決めて読んでいます。

そして、先ほど紹介したページ数を決めて本に目を通しているのです。

 

 

 

 

 

Kindle(キンドル)を利用しよう!

 

僕は今まで紙の本を読んでいました。

だけど、このKindle(キンドル)という電子書籍というアイテムを見つけ購入したのです。

 

 

Kindle(キンドル)は、何万冊もの本が読めたり漫画も読めます。

また、読んでいるときに「この文章はメモしたいな」と思ったらメモもできるのです!

 

そしてそのメモしたところは、無料アプリのKindle(キンドル)と共有しているので簡単にチェックができます!

 

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

 

Kindle(キンドル)は軽いですし、大きさは約短編小説(携帯小説みたいやつ)と同じくらいだと思います。

いつでもどこでも持ち運びができますし、少しの隙間時間に本が読めるのはとても活用的でオススメです!

 

もっと本が読みたい!時間を有効活用したい!という方には、素晴らしいアイテムだと思います!

 

 

 

 

 

目次で読みたいところを決めてページ数を決めるだけ!あと、Kindleを利用する!

 

目次で読みたいところをチェックしページ数を決めて読むようにしてから、1冊ずつしか読めなかった僕が毎日5〜10冊も読めるようになりました!

 

そしてKindle(キンドル)を購入してからは、紙の本とKindle(キンドル)の両方を用いて、毎日楽しく読んでいます。

家では基本紙の本を読んで、外出してるときはKindle(キンドル)を利用しています!

 

僕個人的な方法ですが、やってみる価値はあると思うのでぜひやって見てください!

 

 

 

 

 

おわりに

 

僕の速読方法!

時間を決めるな!ページ数を決めろ!

目次で読みたいとこから読もう!

Kindle(キンドル)を利用しよう!

 

Kindle(キンドル)を持ってない方は、ページ数と目次の2つの方法だけでも速読できると思うので挑戦してみてください。

もし、それだけじゃ足りない!という方は、Kindle(キンドル)を利用する価値があると思うので買ってみることも大切だと思います!

 

 

 

 

では、また。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です