今更ですが、田舎フリーランス養成講座in都留を振り返ってみた!

どーも、こんにちは、アヤト(@ayato_gid)です!

 

僕は、2018年2月〜3月にかけて都留市で行われた田舎フリーランス養成講座に参加しました!

 

たった1ヶ月、されど1ヶ月と感じた1ヶ月間。

僕は、この1ヶ月間で何を学んで何を身に付けたのか…。

 

いなふりを卒業してから数ヶ月がすぎましたが、改めて田舎フリーランス養成講座の1ヶ月間を振り返ってみることにしました。

 

では早速、振り返っていきますね。

 

 

 

 

田舎フリーランス養成講座に参加した理由

田舎フリーランス養成講座を知ったのは、2017年8月の頃でした。

僕は、ツイッターでプロブロガー八木仁平(@yagijimpei)さんのツイートから田舎フリーランス養成講座の存在を知りました。

そのときの僕は、自分の力で稼げるスキルを身に付けたい」と考え、「Raku Maji」ブログを初めていました。

だけど、稼げる力をブログだけにしぼりたくなく、田舎フリーランス養成講座の講座内容にあるWebスキルも身に付けたいを思い、その8月頃に参加しようと決意したのです!

 

そして、田舎フリーランス養成講座から「都留市」での開催が発表されとても驚き、喜びました。「僕の地元で開催されるなんて!」と。

開催の予定も大学の休みと被っていたため、即申し込みをしました。

 

 

 

 

 

田舎フリーランス養成講座in都留がついに始動!

田舎フリーランス養成講座が始まる初日、僕は寝坊しました。

集合時間にはギリギリ間に合いましたが、まあ、一番最後なわけで…。初日から個人的に「やらかしたな〜」と反省ですよ。

 

そんな反省をしつつも初日から気合いが入ってる僕の意気込みをブログで書いているので暇な方は、こちらも是非読んでください〜!

 

 

さて、初日のブログではバイトの収入よりも稼ぐと意気込んだ僕がいましたが、正直3日目くらいで挫折するかもとか考えてました。

でも、挫折する自分が嫌いなので講師陣や受講生の仲間から刺激をもらい初日から社畜のように指を動かしました…!

 

 

田舎フリーランス養成講座のスケジュール

田舎フリーランス養成講座のスケジュールはこんな感じです。

 

朝9時〜12時まで講座。

午後はワークタイム。

 

9:00~12:00 朝礼&講座(2コマ)
12:00~17:00 ワークタイム(面談) 1週間の振り返り(面談)

土日は、自由時間!

 

受講生によって、1日の過ごし方は違いました。

 

そして僕は、

・朝6時30分〜9時

・ワークタイム中

・夕飯後からスペースの使用可能時間の最後(26時)まで

パソコンとにらめっこし指を動かしていました!

最初の2週間は、毎日朝6時30分〜26時(ご飯時間抜き)まで作業をやっていました。

 

田舎フリーランス養成講座の講座内容

午前中に行われる講座内には、「ライティング」「サイト制作」「ブログ運営」をメインに教えてくれます。

メイン以外にもWEBマーケティングやデザイン講座なども取り入れてました!

 

  • クラウドソーシングの活用方法
  • WordPressでのブログ作成
  • HTML&CSSの基礎
  • ブログ運営(広告の貼り方・アドセンス活用法)
  • WEBマーケティング(SNS運営)
  • ライティングの書き方
  • デザイン講座

などがありました。

 

僕は、田舎フリーランス養成講座では「ライティング」「サイト制作」「ブログ運営」の3つのメインを全て選択していましたね…!!!

 

 

 

社畜のように指を動かしたら結果がついてきた。

 

最初の2週間は、朝6時30分〜夜の26時(夕飯の時間抜き)までひたすら作業!

 

これを聞いて、

「そんな生活を2週間も!?!?」

「毎日早くから遅くまでよくできるね」

「体調崩さなかったの?」

とか、思われる方も少なからずいるでしょう。

 

僕も改めて思い返すと異常な集中力でした…。

だけど、僕の中ではっきりと、朝早くから遅くまでの生活を繰り返せた理由がありました。

それは、

「このメンバーの中で一番稼げない」と、

感じていたからです。僕は、自己肯定感がとても低く自分を一番下に見てしまう癖があります。

ですが、その反面「悔しい」と強く感じるため「絶対稼いでやる」と勝手に強く思うのです。

 

そして僕は、「稼げない」のが嫌でひたすら指を動かしました。

その結果、いなふりの期間で16万5千円」稼ぐことができました。

 

ライティングで「13万5千円」、サイト制作で「3万」です。

 

信じられませんでしたが、僕にとって“ライバル”は、一番の原動力なのかもしれません。

 

 

 

 

残り2週間の過ごし方で気づいたこと

 

さて、16万5千円の案件を受注し、後は納品するだけとなった後半の2週間。

 

僕は、今まで参加しなかったイベントや懇親会に参加することにしました。

  • 農家さんの家で薪割り
  • ゲストさんとの懇親会
  • 山登り

など、積極的に受講生のみんなと関わる時間が増えていきました!

 

残りの2週間で受講生や講師、そして地域の人たちとたくさん関わったのか、とても楽しい時間を過ごしました。

特に、農家さんで薪割りしたりご飯を作ったりしていたときが一番楽しくて「幸せだな」と感じましたね…。

 

「お金を稼ぐ」つもりで、田舎フリーランス養成講座に参加しましたが、コスパがかからない田舎での暮らし方も選択肢にはあるんだなと実感。

自分にとって、一番合う暮らし方を改めて見つめ直すこともできる田舎フリーランス養成講座は、本当に参加してよかったなと改めて思いました!

 

初めてのイベント主催

あともう少しで、田舎フリーランス養成講座が終わろうとしてる時、僕は人生初めて「イベント主催」をやりました。

僕が「やってみたい」と発言したら、講師陣が「やろう!」と賛成してくれたおかげでできたイベントです。

 

当日の参加者の声は、「楽しかった」「色々聞けてよかった」などなど、僕にとって嬉しい言葉ばかりでした。

 

けど、イベントを主催するうえで反省点はいくつもありました。僕のメンターであるのんちゃんには、「ハラハラした」と言われるくらいです。笑

僕自身も「ハラハラ」していたので、もっと勉強する必要があると感じましたし、今後のイベントでも今回の反省点を参考に取り組んで行こうかと考えてます!

 

 

 

ps.イベント企画や主催でお困りな方、一緒にイベントやりたいという方はぜひ、お仕事ください!

 

 

 

 

あっという間におわった1ヶ月間

 

たった1ヶ月、されど1ヶ月。

1ヶ月間の田舎フリーランス養成講座は、濃い1ヶ月間でしたがあっという間に終わりました。

 

受講生の一人一人、参加する理由や目的が違っててもこの1ヶ月間は、一緒に頑張った仲間でもありライバルでもあるなと身をもって感じ、本当に出会えてよかったなと思います。感謝しかありません。

 

そして僕自身の将来も楽しみですが、みんなの今後もめちゃ楽しみです。

 

 

以上、田舎フリーランス養成講座in都留の振り返りでした!

では、また!

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です