カウンセリングへの質問と疑問を3つに絞り、解決してみた。

みなさんこんにちは!FTM(性同一性障害:GID)のなべお(@ayato_gid)です。

 

カウセリングについて、みなさんは何を想像しますか?

病院まで行って行うカウンセリングは、あまりいいイメージがなかったり…?病気だから…?

 

まあ、人それぞれですが、性同一性障害については少し違った理由でカウンセリングを行います。

このカウンセリングをすることで、自分のことを見つめ直すこともできますし、自分の中で覚悟ができます。

そこで、僕は、複数の方から、さまざな質問や疑問をされるので、この記事で解決させます!

 

 

質問や疑問の中で、特に多かった3つに絞りました!

 

  • カウンセリングは、何を聞かれるの?
  • どれくらいの期間でカウンセリングをするの?
  • どれくらい費用がかかるの?

 

これらの3つを、僕の経験を取り入れながら、解決していきます!

 

 

 

 

カウンセリングとは

トラくん
カウンセリングって、なんだ??

 

性同一性障害の人は、例えば、心が男で体が女の場合、この体を心の性と同じにするために、手術が必要になります。

そして毎回、医者の先生に、自分は性同一性障害ですよ!!という証明が必要になるのです。

その証明をするためには、診断をしなければなりません。これが、カウンセリングです!

だから、性同一性障害の人は、このカウンセリングは必要になるのです!

 

 

 自分史

 

カウンセリングで行うことは、たった一つのこと。

それは、自分史を書くことです!

これは、必ず書いたり聞かれたりすることです。

自分史で書くことは、だいたい決まっています。

 

自分の人生の中で、いつどんなタイミングで違和感を感じたのか。

また、自分にとって嫌なこととか、これからどうしていきたいのか。などを、カウンセリングで答えていきます。

 

 

 

自分史の内容は、

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 大学
  • 社会人
  • 将来

 

ざっくりと6個に大きく題目を分けましたが、これをもっと細かく聞かれますし、もう少し、幅広く聞かれれます。

 

 

 

僕が実際書いた自分史では、大体10個くらいは書く欄がありました。

自分史に答える時は、素直な気持ちで書いてくださいね!笑

 

この自分史に素直に答えていくと、今までの自分と向き合えますし、昔のことを思い出せますので、じっくり振り返りながら答えてください。

 

 

 

期間

 

カウンセリングをするにあたって、大体の人が、どれくらいの期間を使うのかと、気になる人が多いですね。

このカウンセリングは、病院や先生によって変わります。

 

僕は、去年の夏頃に診断書を取りに行きました。そこの病院では、1日のカウンセリングで診断書が取れました。

ですが、カウンセリングは、基本、半年から1年という時間をかけて行われます。

 

では、なぜ僕が、1日で診断書を取ろうとしたのか。

それは、簡単な理由です。

 

“時間の無駄”

 

1日で取れる診断書は、自分史を書くだけです。

しかし、半年かから一年かけてとる診断書は、自分史を細かく分けて時間をかけてカウンセリングをやって行きます。

 

僕は、確実に性同一性障害だ。って自分の中で感じていたので、こんなに時間をかける必要があるのか?と思いました。考えても、やっぱり時間の無駄にしか思えなくて、僕は、1日で診断書を取ることにしました。

しかし、だからと言ってみなさんも1日で取ろうとしないでください。

 

僕みたいに、性同一性障害だ。って確実で、揺らぎのない気持ちを持っていましたら、1日で診断書を取ることをオススメします。

ですが、もし一ミリでも揺らぎがあるのでしたら、しっかり時間をかけてカウンセリングをしてください。

 

 

このカウンセリングで、あなたの人生がほぼ決まると思っていてもいいでしょう。だからこそ、カウンセリングをまだしてなくてやろうと思う方はしっかり考えてから判断してください。

 

1日で診断書が取れる場所はどこ?

 

多くの方から、ツイッターのDMで「1日で診断書が取れる病院はどこですか?」と聞かれるで、その質問に回答します!是非、ご参考にしていただけると嬉しいです。

また、ためになったり友人や周りの人にも教えたいと思ったらSNSでシェア等をよろしくお願いします!

 

では、たった1日で診断書が取れる病院名を紹介します。その病院名は、

「早稲田通り心のクリニック」

です。場所は、東京の高田馬場駅の近くにあります。

 

僕が知っているのはここの病院だけですが、系列病院の「心のクリニック」でしたらもしかしたら、1日で診断書が取れるかもしれません。

なので、地方の方は近くにある「心のクリニック」にお問い合わせしてみてください。もし取れなかったとしても、半年〜1年かけて病院に通うのに比べれば、東京に来てその日に診断書が取れるのであれば、行く価値はあるかと思います!

 

 

費用

 

カウンセリングの行う期間によって、費用は異なります。

1日で行う場合は、診断書料と、カウンセリング料で、大体2000円〜3000円くらいですかね。

僕が行った病院では、それくらいしました。

 

1年間かける場合は、カウンセリング料のみですので、一回1000円前後の値段だと思います。

そうすると、1年間の合計は、12×1000+診断書料ですので、約15000円くらいはかかります。

病院によって異なりますので、2万くらいだと思うのが妥当だと思います。

また、これに交通費とか重なれば、軽く5〜6万はかかると思いますね。(場所による)

 

 

確実に値段を知りたければ、通いたい病院にお問い合わせをしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

カウンセリングは、性同一性障害にとって必要なことです。

1日で行うか、約1年間で行うか。これに関しては、しっかり自分の中で考えてください。

費用に関しては、詳しく知りたい方はしっかり調べてください。病院によって違います。ですが、おおよその値段を書かせていただいたので、ざっくり知れれば良いという方は、参考にしていただければ良いなと思います。

 

 

 

この記事の中で、質問や疑問がありましたら、ツイッターのDMで良いですので、お声かけてください!お願いします!

 

では、また☆

お読みいただきありがとうございます。

 

 

↓関連記事↓

 

スポンサードリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です