LGBTERの取材を受けました!-3時間のインタビューで昔の自分の気持ちに気付いた。-

こんにちは、アヤト(@ayato_gid)です。

 

今回僕は、「LGBTER」の取材を受けました!

人生初めてのことだったので、口から心臓が出てしまんじゃないか。というくらいに緊張しました。

取材記事が公開されるのが楽しみです。

 

 

 

LGBTERとは

 

LGBTERは、「レズビアン」「ゲイ」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」など、様々なセクシュアルマイノリティや「ALLY」の方へのインタビューを通じ、「リアルな先輩情報」を発信するLGBTインタビューメディアサイトです。

引用元 LGBTER公式サイト

 

 

 

僕の人生の等身大

インタビューでは、僕の人生の等身大を赤裸々に語りました。

そのときに語ったことを思い出し記事を書いていきます。

 

性の違和感を感じた小学生

 

小学4~5年生にかけて、「性」の違和感を感じました。

でも、具体的に違和感の正体はわからなかった。思い出せば、無意識な行動から違和感を感じるようになってたのかもしれない。

  • 好きな女の子にちょっかいを出していた。
  • 一緒にトイレに行くことが嫌で基本学校のトイレは使わなかった。
  • 恋愛の話になれば、スルーか、適当に周りに合わせる。
  • 赤いランドセルが嫌で、カッターで壊す。
  • 休み時間は、サッカーや泥遊び

 

無意識な行動から違和感を感じ始めた僕は、「みんなとは違う人間」と、悲観的になっていた。

でも、「周りとは違う」と思ったきっかけは何なのか。

なぜ、違うと思い、悩んだのか。

本当に無意識なのか。

 

これらを具体的に自分の想いを言葉であらわせるように、取材の人たちがいろいろな角度から質問をしてくれました。

僕は、この問いに1つずつ答えていくことで、昔の自分を理解することができスッキリしました。

 

 

暗黒時代の中学生

 

中学時代は、取材の人たちにも「暗黒の時代」と言われるほどの暗黒時代で、思い出すだけでも時間をかけてしまった時代です。

とにかく、「死にたい」と強く想う時代でした。

 

 

受け入れられた高校生

 

初めて、周りの人に「カミングアウト」をしたのが高校3年生になる前の春。

部活の顧問と部活仲間の同期。

 

 

カミングアウトしたいと思った理由、カミングアウトしている時の僕の心理状態。

カミングアウトをする前の僕、カミングアウトをした後の僕。

 

インタビューで全部。その当時の僕を思い出し、全部語りました。

 

 

 

「自分らしく」生きる大学生

 

僕にとって、「自分らしく」はキーワード。

「女らしさ」も「男らしさ」もない。

「自分らしさ」で生きる。ありのままで生きる。

「今」を生きる。

 

 

 

小学生からざっくり僕の等身大を書きましたが、取材ではこの何百万倍もの濃い内容を話しました。

時間をかけて今までの人生を思い出すことで、自分の行動の意味を知って、自分を理解でき受け入れらることができました。

 

 

 

正直、取材は大変だった。

 

え、どういうこと?と、思われる方が多いのではないかと思います。

でも、僕にとってはとても大変でした。

 

それは、喋るのが苦手だからです。

昔から、喋るのが苦手で、緊張しているときに伝えたいことを伝えようとすると、言葉が詰まるのです。

「えっと、その…」「ん〜」「なんて言えばいいんだろう」ばかり。

それに、言葉にしても納得ができなかったらまた、考え直してしまうのです。

 

 

取材の方は、ゆっくり聴いてくださっていましたが、僕の脳内は焦ってばかりで、思いつくままの言葉でしか伝えることができませんでした。要するに、まとまりのないまま伝えていたと思います。

でも、それも僕の等身大なのでいいかな。とか思っている部分もありますね。笑

 

 

 

貴重な体験

 

3時間ほどの取材は、僕にとって貴重な体験となりました。

まずは、プロカメラマンに写真を撮ってもらったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

短い時間でしたが、とても楽しかったです。

 

そして、プロライターさんとの取材。

いろいろな角度から質問をしてくれました。また、僕が言葉に詰まっているときにサポートしてくれたりととても助けていただきました。

 

 

 

おわりに

 

3時間の取材はとても濃い時間になりました。

僕自身、ありのままに語らせていただきましたので、どんな記事になっているのか楽しみです。

 

 

 

では、また。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です