ダイエット、筋トレなどを習慣化にするための3つのステップ!

こんにちは、筋トレが習慣になっているアヤト(@ayato_gid)です。

 

 

 

あなたはこのような経験をしたことはありますか?

 

ダイエットがなかなか続かない…

筋トレを始めたけど時間がなくて…

続けたくても誘惑に負けちゃう…

 

など、ぼくも「時間がない」「また誘惑に負けた…」ということが多くて継続が難しかったです。

でも、ぼくは「習慣化にするための3つのステップ」をやったことで、筋トレを毎日やり続けられています。

 

 

この「習慣化にするための3つのステップ」をやれば、身につけたいことが習慣化になり「続けらない」ということがなくなるでしょう。

 

 

また、習慣化されると自己肯定感も上がり、「もっとやりたい」という欲が湧きます。

そうなれば、なりたい自分にもなれ、痩せることも鍛えることも可能になります。

 

 

 

 

 

そして今回は、「今度こそ、継続させたい」という人必見の記事です。

ぜひ、「習慣化にするための3つのステップ」をやって、身につけたいことを継続させましょう!

 

 

 

 

習慣化にするための3つのステップ

 

この3つのステップは、ぼくが参考にしている本の中から厳選した3つになります。

その参考にしている本が、「小さな習慣」という本です。

 

最初この表紙を見て、「いや、小さな習慣とか続くのかよ」と批判していましたが、気になっていたので疑心のまま購入して読みました。

そして、疑心をもって読んでいたぼくでしたが、この「小さな習慣」のおかげで小さな習慣を身につけることができたのです。

 

本当に買ってよかったなと思いましたし、参考になることばかりです。それに、この本を読んで始めた習慣が「筋トレ」です。

見事に今でも続いています。

 

 

この本には、習慣化にするために7つのプテップがあります。

ですが、ぼくが実際にやってみて「今度こそ継続させるぞ!」という方には、この7つの中から3つのステップでも可能だと考えています。

ですから、ぼくも実際に守っている3つのステップを紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

ステップ1 身につけたい習慣を”ばかばかしいほど小さくする”

 

まず、あなたが習慣化にしたいことをリストにしてみましょう。

  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 本を読む
  • 掃除をする
  • 犬の散歩をする
  • ランニングをする
  • タバコをやめる
  • お酒をやめる

というように、いくつか紙などに書いてみてください。

 

そして、リストに出した習慣のずべてを”ばかばかしいほど小さく”してみてください。

 

たとえば、筋トレの場合。

筋トレ→腕に筋肉をつけたい→腕立て伏せを習慣化にする→腕立て伏せを毎日一回やろう

 

このように明確にすることをオススメします。

そして一番大事なことは、何度も言いますがとにかく”ばかばかしいほど小さく”してください。

これが1つ目のステップです。

 

 

 

ステップ2 最悪できなさそうな日でもできる習慣をする

 

リストに出した習慣をばかばかしいほど小さくしたら、その中でできなさそうな日でもできる習慣を選んでください。

 

今までのことを思い出して、「続けられなかった」ときの原因を知ってください。

 

たとえば、

 お酒をやめたいのに仕事の関係で飲まなきゃいけない時があった場合

 筋トレを始めても仕事で疲れて帰ってきたときにはやる気が出なくてやらなかった場合

など。

いくつか思い出してみたら紙などにメモしておくといいでしょう。

 

それができたら、ばかばかしいほど小さな習慣の中でできなさそうな日でもできる習慣を見つけてください。

 

ぼくの場合、腹筋毎日一回は疲れていても寝そうな時でも場所関係なく上体を起こすだけなのでできなさそうな日でもできています。

うっかり忘れそうになってもできます。

 

ですから、あなた自身もたとえ疲れていても酔っていても寝そうになってもできる習慣を選びましょう。

 

 

 

ステップ3 複数の習慣を身に付けたいときは、2~3個までしよう。

 

今、身に付けたい習慣が複数ある場合は、2~3個までにしましょう。

毎日行う習慣なので、たくさんの習慣を1日に詰め込むことはオススメしません。

 

 

紙にばかばかしいほど小さな習慣を書き出すと、「全部できそう」と思ってしまうと思います。

だけど、全部やるとその分の負担もあるのです。

ですからまずは、習慣化にすることに、なれることから始めるのがいいので、1日2~3個の習慣を確実にこなすのが一番いいでしょう。

 

ぼくも実際に全部やれそう!と思ってやりましたが、負担が大きかったので2~3個に絞って行なっています。

 

最初は、2~3個からやってみてこの2~3個が確実に習慣化されたら増やしていきましょう!

 

 

 

 

 

人の脳は、大きな変化を嫌う

人は、今までの日常と違う変化を身につけようとすると、脳が拒否反応を示すことがあります。

 

たとえば、ダイエットで運動や食事制限を始めても、脳がその変化を嫌い今までの日常に戻そうとするのです。

今までの日常からかけ離れるほど、脳は嫌がります。

 

それに人は、時間をかけずに大きな変化を求めますよね。でもそれは逆効果で、脳は拒否反応を示してしまい大きな変化を受け入れないようにしてしまいます。

 

ですが、小さな変化は違います。小さな習慣は「ばかばかしいほど小さい」ことなので、脳はこの変化を受け入れようとしてくれるのです。

 

人は、自分の脳をコントールすることができます。

 

ぼくは、小さな習慣を始めてとても実感しています。

あなたも「自分を変えたい」「なりたい自分になりたい」と思っていたら、時間をかけて小さな習慣を繰り返してください。

 

必ず、結果は出ますしあなたにとってもプラスになるでしょう。

 

 

 

 

 

習慣化されると自己肯定感が高まる!

ぼくは今まで自分のことが嫌いでした。

 

「自分は何もできない」「何をやっても中途半端」と。

 

でも、小さな習慣を始めてから、毎日自分が決めたことを達成できている自分に嬉しくなるのです。

「今日もできた!」と思わず笑顔になるくらい嬉しいんですよね。

 

本当に「ばかばかしいほど小さな習慣」ですが、毎日達成できることで自分が自分を好きになって、自己肯定感が高まってきています。

 

そして、自己肯定感が高まると日常の中で、「自分には無理だ」「自分にはできない」というようなネガティヴな感情が少なくなりました。

 

少しずつチャレンジ精神が多くなったのです。

 

 

 

 

 

おわりに

 

ダイエットや筋トレなど身につけたいことを習慣化にするための3つのステップを紹介しました。

 

1. 身につけたい習慣を”ばかばかしいほど小さくする。

2. 最悪できなさそうな日でもできる習慣をする。

3. 複数の習慣を身に付けたいときは、2~3個までしよう。

 

3つのステップを紹介しましたが、人によって習慣化になる日数は違います。

1ヶ月間かかる人もいれば10日間で習慣化される人もいます。なので、自分のペースで挑戦しましょう。

 

 

 

そしてこの3つのステップでも習慣化になりますが、もっと細いところまでやり方を知りたいという方は「小さな習慣」という本を読んでみるといいでしょう!

 

 

 

 

では、また。

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です