下痢をヨーグルトとヤクルトで改善しよう!!〜原因と対策〜

 

こんにちは!  下痢を改善したアヤト(@ayato_gid)です!

 

 

 

今回は、下痢の改善方法を教えます!

 

また、なぜ下痢になるのか。

その原因とその対策についても解説していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

下痢

 

 

下痢は、健康状態の大便とは違って、大便が液体状の便で出る状態です。

 

 

 

 

下痢になる原因

 

下痢になってしまう理由は、胃や腸の働きが悪くなるからです。

 

胃や腸の働きが悪くなる理由は、野菜果物食物繊維などを食べず、それ以外の肉系のものばかりを食べたりしていると、働きが悪くなります。

また、働きが悪くなることで、腸内には、悪玉菌が増えるのです。

 

この悪玉菌が増え続けると、下痢は、悪化していきます。色が、黒くなったり赤くなったり。

また、悪玉菌が増えることによって、免疫力が下がったり風邪や胃腸炎の感染が高くなるのです。

 

それに、悪玉菌はどんどん増え続けるので、早めの改善の対処をオススメします。

 

 

 

 

 

 

下痢の対策

 

対策方法を3つあげます。

 

 

1つ目は、野菜果物食物繊維を、日頃から摂取するように心がけてください。

 

2つ目は、運動をしてください。1日30分ほどの運動で構いませんし、毎日しなくても大丈夫です。週に2~3回の運動を心がけてください。

 

3つ目は、しっかりと睡眠をとるようにしてください。 

 

 

 

この3つの対策をしていれば、下痢になる可能性が、低くなります。

また、健康状態の維持にもつながるので、下痢対策と同時に健康対策にもなりますね!

 

 

 

 

 

 

下痢の改善方法

 

 

下痢になってしまったときの改善方法を紹介します!

また、この改善方法は、対策方法にもなるので、対策方法3つをする時間がない方にもオススメです。

 

改善方法は、ヤクルトヨーグルトを摂取するだけ!!!

これは、本当の話です。

 

僕が実際に、下痢になったとき、ネットで調べ尽くしてたどり着いたのが、ヤクルトとヨーグルトでした。

「本当かな〜」という半信半疑のまま、ヤクルトヨーグルトを多めに摂取したのです。

そしたら、なんと、たったの2日間で治ったのです!!!

 

正直、びっくりしました。

だけど、これは、本当の話です。

だからぜひ、下痢で悩んでる方には、オススメの2つになります。

 

 

 

 

ヤクルト

 

ヤクルトといっても、どれでもいい。というわけではありません。

ヤクルトの中でも、下痢の改善にオススメするヤクルトがあります。

 

それは、「シロタ株」が含まれているヤクルトです!

このシロタ株は、乳酸菌シロタ株といわれていて、腸内の悪い菌を退治する乳酸菌として生み出されたものです。

このシロタ株が含まれているヤクルトが、主流になっていると思われますね。

 

そして、この乳酸菌シロタ株は、胃液や胆汁などの消化液にも負けない乳酸菌です。

だから、生きた菌のまま腸に届くのです。もっと具体的に言えば、小腸までに届くと言われています。

 

 

下痢を、なるべく早く改善したい方には、このシロタ株が包まれているヤクルトを、1日2~3本ほど飲んでください。

僕も、1日2~3本を飲んでました。

 

ぜひ、お試しください!

 

 

 

 

ヨーグルト

 

ヨーグルトもヤクルトと同じで、どれでもいい。というわけではありません。

じゃあどのヨーグルトがいいのか。

 

それは、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトです!

僕が、実際に利用しているのは、「ビヒダスヨーグルト」ですね。

 

 

 

ビフィズス菌は、善玉菌の一種です。腸内に、1~10兆個ほどいます。

このビフィズス菌を摂取すると、腸内環境が良くなります。それほどの力を持っている善玉菌です。

 

そして、下痢の状態にもよりますが、早く治したい!という方は、1日に、300~400gくらいヨーグルトを食べてください。

 

ビヒダスヨーグルトの大きいサイズで、400g あります。

僕は、毎日1日で、大きいサイズを全部食べるようにしました。

 

健康のためにという方は、毎日100g 程度で十分です。

 

 

そして、ヨーグルトを食べるときに、オススメの食べ方があります。

それは、食事の後に、食べることです。

デザート感覚で、ヨーグルトを食べるのが一番のオススメの方法です!

 

空腹のときに食べると、消化液の活発な働きで、菌が減らされてしまうので、食後に食べる方が、生きた菌がそのまま腸内まで運ばれます。

そして、ヨーグルトは、大腸まで届きます!

 

 

 

 

ヤクルトとヨーグルトは最強。

 

 

『ヤクルトは、小腸まで生きた菌を届け、ヨーグルトは、大腸まで生きた菌を届ける。』

この2つを摂取すれば腸内環境が良くなり、下痢が改善される。

 

つまり、ヤクルトとヨーグルトを両方摂取できれば、最強じゃん。ということです。

 

 

僕もヤクルトとヨーグルトを両方ともたくさん摂取したおかげで、2日間で下痢を治しました。

 

だから、下痢の改善方法は、ヤクルトヨーグルトと言えます。

 

下痢で悩んでいる方は。ぜひ、ヤクルトとヨーグルトを摂取して腸内環境を治しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

最終手段はコレ!

 

もしの話をしましょう。

もし、ヤクルトとヨーグルトを摂取しても治らなかった場合の話です。

 

最終手段として、コチラを使用してください。

 

 

 

このビオフェルミン下痢止めは、3つの特徴があります。

 

1. 下痢でおなかが痛いときによく効く

2. 下痢で痛んだおなかを保護する

3. おなかにやさしく効く

 

この薬を使用すれば、下痢を止めたりすることはできますが、腸内環境が良くなる保証はありません。

そのため、腸内環境もしっかり整えたい方は、ヤクルトとヨーグルトの摂取や野菜、果物、食物繊維などもしっかりと摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

 人の腸内環境や下痢の具合にもよりますが、ヤクルトヨーグルトをしっかり摂取すれば、下痢は改善されます。

だから、この薬に関しては、最終手段として頭の隅にでも置いといてください。

 

 

 

 

 

おわりに

 

最後に、内容を簡単にまとめました。

 

下痢対策

  • 野菜、果物、食物繊維を摂取すること
  • 適度な運動をすること

 

下痢の改善方法

  • 乳酸菌シロタ株が含まれているヤクルトを、1日2~3本ほど飲む
  • ビフィズス菌が含まれているヨーグルトを、1日300g~400gほど食べる

 

最終手段は、ビオフェルミン下痢止めの薬を飲む。

 

これらのことをやれば、下痢への悩みが解消されるでしょう!

ぜひ、実際にやってみてください。

 

 

 

最後に、下痢を体験した僕は、もう下痢はこりごりなので、これから毎日、ヤクルトとヨーグルトは摂取していきます。

 

 

では、また。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です